エキサイトミュージックフェスタ
エキサイトミュージックフェスタ
 インターネット情報サイト「エキサイト」が運営する音楽情報サイト「エキサイトミュージック」主催による大型音楽イベント「Excite Music Festival ‘08」が9月20、21日の2日間、さいたまスーパーアリーナで開催された。今年で3回目の開催となる同イベントはコブクロ、Every Little Thing、中島美嘉、大塚愛など豪華アーティストが勢ぞろい。2万7000人の観客を前に熱いライブを繰り広げた。


 初日の20日は、いきものがかり、大塚愛、コブクロ、秦基博、FUNKY MONKEY BABYSの計5組のアーティストが出演。トップバッターのFUNKY MONKEY BABYSがステージに現れるやいなや、1万7000人もの観客が総立ち。以降、秦基博、大塚愛、いきものがかり、コブクロの順番で登場、思い思いの熱演を繰り広げた。唯一、2006年の1回目から3年連続出演となった大塚愛は、「CHU-LIP」以外はミディアム~スローなナンバーでまとめ、しっとりと且つ貫禄のステージを展開。またトリを務めたコブクロは、10月29日(水)に発売が決定している新曲「時の足音」など8曲を熱唱。アンコールで歌った「蕾」では、最後の数小節を伴奏なし、マイクさえも使わず歌いきり、会場を感動の渦に包み込んでくれた。
 2日目の21日は、Aqua Timez、伊藤由奈、Every Little Thing、清水翔太、SEAMO、中島美嘉の計6組が出演。いきなりのハイテンション・パフォーマンスで会場から「爆笑」を勝ち取ったSEAMO、どこか切なくも爽やかなロック・ナンバーをかき鳴らしてくれたAqua Timez、前日に25回目の誕生日を迎えたという伊藤由奈は、その圧倒的な歌唱力で壮大なラヴバラード「Precious」、実体験を元にしたという失恋ソング「miss you」などを披露。その後も熱狂を損なうことなく、新曲「My Treasure」を披露した清水翔太、そしてロックナンバーやバラードで観客を魅了した中島美嘉、、、と時間はあっという間に過ぎ、2日間に及ぶ祭典も残りわずかに。そして満を持しステージへと上がったのはEvery Little Thingの2人。今や誰もが知っている新旧ヒット・ソングのオンパレードに会場全体のボルテージは最高潮に達し、アンコール「Shapes Of Love」終了後も、拍手と歓声が鳴り止むことはなかった。
 2日間共、セットチェンジの時間を使いアーティストからのビデオレターを放映したり、ライヴ終了後の出演者に楽屋裏インタビューを敢行するなどして、アーティストとファンを繋ぐ「エキサイトミュージック」ならではの演出が数多く盛り込まれていたのも印象的。会場に足を運んだ延べ2万7000人が、大きな満足を得たのは間違いないだろう。
【関連リンク】
▽Excite Music Festival ‘08 http://ent2.excite.co.jp/music/fes08/
▽Excite Music http://www.excite.co.jp/music/
▽Excite http://www.excite.co.jp/
【ライブ概要】
▽出演アーティスト(50音順)
 9月20日(土):いきものがかり、大塚 愛、コブクロ、秦 基博、FUNKY MONKEY BABYS
 9月21日(日):Aqua Timez、伊藤 由奈、Every Little Thing、清水 翔太、SEAMO、中島 美嘉
▽開場/開演時間:14:30開場/15:30開演 21:00終了
▽主催・企画・制作 :エキサイト株式会社
▽協賛:株式会社ファミリーマート、株式会社第一興商(DAMうた)
▽協力:Laundry、さいたまスーパーアリーナ
▽運営:ディスクガレージ