日本のPOPシーンにダンスミュージックというジャンルを普及させた3人組のダンスミュージックユニット「m-flo」。その元メンバーでソロで活動する女性シンガーソングライター、LISAがヨーロッパNo.1の最大級の楽園、イビザ島(スペイン)で日本人としてはかなり珍しいライブを敢行した。


 2008年9月9日夜。会場はイビザ島の最大級のクラブ「エルディヴィーノ」。動員数2000人クラスの名門クラブだ。スペイン本島、イギリス、ドイツ、フランスなどヨーロッパ各国からイビザ島に集まった人々で埋め尽くされた会場は、日本人女性DJ Yummy(House Nation)が約1時間のDJプレイで会場を盛り上げた後、深夜2時45分頃、LISAがステージに登場した。
 まず1曲目は先月発売されたミニアルバム「got that fever」のリード曲「Leave」を披露。イビザ島のクラブではDJプレイが主流だけに、ライブという珍しい体裁に観客は一瞬戸惑いを見せた。が、最新エレクトロな楽曲「Leave」を披露するとすぐに歓声が上がり、観客はステージの方向をみながら高揚した様子でダンスを楽しんだ。2曲目の「other side of now」を歌い終わり3曲目の「The Sign」に入るときになんと機材トラブルで音が鳴らない状態に。
 観客からは「早く次の曲を!!!」などの声が上がったが、ここは長年のキャリヤの持ち主のさすがなLISAがスペイン語のMCで観客を和まし、笑いをおこし5分以上機材が復活しなかった会場のテンションを無事にキープ。最後の曲「crave」ではLISAのコールアンドレスポンスがより観客を盛り上げ、LISAと観客全体が一体化し、熱い声援を送られながらライブは終了した。
 観客からスタッフに「あのアーティストはなんて言う名前ですか?」「この時間を共有できて本島に嬉しい」などの意見が寄せられた。IBIZA島のパーティーシーズンは9月で終了するが、次期開催に向けて期待がふくらむ。
 ◆LISAとは 現在は再びソロとして、アルバム、シングルなど多数の作品をリリースしている。父親は日本人で母親はコロンビア人というハーフ。日本語、英語、スペイン語を操り、作詞、作曲、プロデュースの全てをLISA本人が行うシンガーソングライター。2008年8月27日には、アメリカのグラミー賞受賞プロデューサーBloodshy & Avant(ブラッドシャイ アンド アヴァント)などが参加した最先端なミニアルバム「got that fever」をエイベックス/リズムゾーンより発売。