中山うり
話題のシンガーソングライター中山うり、いよいよブレイクか!?
 シンガーソングライター中山うりがフリーマガジン「TOWER」の連載で6カ月にわたり新曲が出来上がる過程をレポート。そして、その新曲「夕焼け空に摩天楼」をいち早く聴いて惚れ込んだタワーレコードのスタッフのアイデアから、閉店時のBGMとして放送が決まった。


 8月に全国のタワーレコードで放送されるやいなや来客者からの「この曲は誰が歌っているの?」、「商品化の予定はありますか?」といった問い合わせが相次ぎ、当初は11月発売予定のアルバム収録曲の1曲に過ぎなかった同曲が、熱い反響を知ったレコード会社が急遽シングル、CD化を決定。10月8日にリリースすることになった。
 昨年5月にCDデビューを果たした中山は、デビュー前にもかかわらずフジロックフェスティバル出演やiTunes Storeで新人としては前代未聞のセールスを記録するなど“アコーディオンを抱えたシンデレラ”とも噂されるシンガーソングライター。
 今年4月には「夏祭り鮮やかに」が映画『あの空をおぼえてる』の挿入歌として使用されますます知名度を挙げている。早くも“今年一番の泣けるソング”との呼び声も高いこの「夕焼け空に摩天楼」で、いよいよ中山うりブレイクか!? との期待も。
 10月8日にシングル『夕焼け空に摩天楼』、11月5日には初のフルアルバムとなる『ケセラ』をリリース。11月からは全国4カ所を回るワンマンライヴツアーもスタート。この秋は中山うりに注目。