yoko
ユニット「ジェネラス」でデビューするyoko
 かねてから一部関係者の間で話題となっていた大型新人ユニット、the generous(ジェネラス)が今秋エイベックスよりデビュー、その全容がいよいよ明らかになることとなった。


 その中心人物、ボーカルのyokoは矢沢永吉の愛娘だった。
 早くも期待が集まる大型新人ユニット「the generous」(ジェネラス)。その中心人物である現在22歳のyokoは、12歳(中学生)から18歳までをL.A.で過ごし、数えきれないほどのスーパースター達のボイストレーナーとして知られるSethRiggs(セス・リグス)氏に師事した経歴を持つ実力派ボーカリスト。2004年の帰国後からは大学へ通う傍らデビューを目指し、レッスン、ライブ、デモテープ制作などの活動を精力的に行っていた。
 the generous(ジェネラス)結成のきっかけは1本のデモテープ。そこから伝わる歌声の魅力と表現力は、類い稀な潜在能力と大きな可能性を確信させたという。その後、楽曲制作を進めてゆく中で出会ったクリエイターと意気投合、2008年、the generous(ジェネラス)結成に至った。
 the generousのヴィジョンは、全ての音楽の起源と、先人たちのエンタテインメント遺伝子(gene)を受け継ぎ、新しい時代のスタンダード(general)となる音楽/エンタテインメントを生み出すということ。そしてそのヴィジョンを実現すべく、いよいよ2008年秋、10月29日に彼女らの魅力を多面的にアピールするミニアルバムを引っ提げ、満を持してのデビューを飾る。
 デビューを迎えるにあたり“フジテレビフラワーネット”TVCMイメージソング(10月~)、テレビアニメ「スキップ・ビート!」のオープニングテーマといった大型楽曲タイアップや、東京・名古屋・大阪でのライブイベント開催が決定。
 偉大なる遺伝子(gene)を継承するyokoを中心とした大型ユニット、the generousが奏でる新たなる起源(genesis)がスタートする。
◇特別バージョン配信スタート!
Official site開設を記念して、
特別にデモ楽曲をミュゥモ、レコ直、ドワンゴにて着うたとして配信スタート!
the generous official web site
http://generous.syncl.jp/