黒瀬真奈美
歌手デビューをする黒瀬真奈美
 長澤まさみ、沢口靖子、水野真紀らを輩出した伝統ある東宝「シンデレラ」。2006年、第6回東宝「シンデレラ」のグランプリを受賞した黒瀬真奈美(16)がアーティストとして8月にCDデビューする。しかもデビューCDとしては異例の2カ月連続リリース。黒田は「本当に夢のようなお話でした」と喜びに浸りながらも「本気でぶつけた作品」とすでに本気モードだ。


 ファーストシングルとなる両A面シングル「オモイデ星/笑って」の「オモイデ星」(8月13日発売)はプロデューサーにシング・ライク・トーキングの佐藤竹善を迎え、黒瀬自身が作詞を担当、失恋した友達へのメッセージを綴った“失恋応援ソング”となっている。この楽曲は、大ヒットを記録している映画「ハムナプトラ」シリーズの第3弾、「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」(8月16日公開予定)のイメージソングとしてリリースされる。
 さらにデビュー第2弾が、すでに読売テレビ・日本テレビ系アニメ「ヤッターマン」のエンディングテーマ(毎週月曜午後7時放送)にも起用されており、こちらは9月10日に発売される。
 黒瀬真奈美は女優としても映画「ラフ」(2006年)でデビュー。現在までに映画「眉山」、ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス」等に出演。最近では映画「隠し砦の三悪人」にも出演している。この7月からは織田裕二が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「太陽と海の教室」にも出演が決定している。
 北乃きい、谷村美月らU-17の女優が活躍するなか、現役女子高生の歌姫(シンデレラ)に注目が集まりそうだ。
 以下、黒瀬真奈美とデビューシングルをプロデュースした佐藤竹善のコメント。
 黒瀬真奈美 歌をウタうことが大・大・大好きな私にとって、アーティストデビューさせていただけるというのは本当に夢のようなお話でした。デビューシングル、「オモイデ星」には、特にたくさんの思いを込めています。自分が何を伝えたいのか、それをハッキリ意思として歌詞に込めました。また、佐藤竹善さんの力もお借りして 素晴らしい作品に仕上げることが出来ました。まだまだ、歌い手として未熟な私ですが、自分に今出来る『精一杯』を、本気でぶつけた作品だと思っています。是非、聴いて下さい!
 佐藤竹善 役者さんの歌う歌には、いつも心惹かれる別のなにかを感じます。 生まれたての女優さんである彼女は何をみせてくれるかな。そしていよいよご対面…。歌声の表情、レコーディングでの無邪気な立ち振る舞い。ぼくが曲で描こうとした「真っすぐさ」を、多彩に何層にもなった可能性で表し返してくれました。真奈美ちゃんが歌い出した瞬間に、ぼくの手を放れて真奈美ちゃんの歌になったのがとても嬉しかったですよ。少なくとも音楽にとってはそれが“主役”ってやつです。