井上陽水
色気で聴かせる井上陽水
 来年、音楽活動40周年を迎える井上陽水が、新旧のヒット曲をアレンジし新たに披露した――。“アコースティックモダンサウンド”それが4月kら全国20カ所で開催されたコンサートツアー「井上陽水コンサート2008」のテーマだ。WOWOWではそんな“進化する陽水”を見せつけたステージの中から、6月29日に東京渋谷・Bunkamuraオーチャードホールで行われた公演の模様を7月27日午後6時半から独占放送する。


 “アコースティックモダンサウンド”をテーマとした今回のツアーでは、ドラムレスの新しいバンド編成をとり、シンプルなサウンドでより大人でムーディーな陽水ワールドが繰り広げられた。まず、オーディエンスの歓声の中、ギターを手に登場した陽水が、第1曲目『Make-up Shadow』を披露。続けて『東へ西へ』を歌い上げ、「皆さんこんばんは、井上陽水です」と挨拶した彼の照れ笑い混じりの一言一言に呼応して客席からは笑いと拍手が起きる。盛り上がる会場では、『飾りじゃないのよ 涙は』や『Power Down』、『ワインレッドの心』、『リバーサイドホテル』、『新しいラプソディー』といったセルフカバー曲や80、90年代の代表作など、ベスト盤に収録される曲が多く演奏され、深く色気のある声が会場を包んでいった。
 後半には、『5月の別れ』、『バレリーナ』、『Just Fit』、『氷の世界』など誰もが口ずさめる"陽水ナンバー"を熱唱。ロックテイストで聴かせたかと思うと、軽快なパーカッションで魅せたりと飽きさせない展開が嬉しい。スタミナ切れしない彼の歌声はラストに向けてより伸びていき、聴いていると吸い込まれそうになる。
 そして最終曲は『傘がない』。“行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ”と語りかけるように歌う姿が、16日に発売されたアルバム『弾き語りパッション』のPVでオダギリジョーが演じる若き日の井上陽水の姿と被る。男としての色気を存分に放つ姿は今年60歳を迎えるとは到底思えないのだ。
 一旦退場した陽水だが、観客の歓声に応えてオレンジ色のTシャツ姿で再び登場し、『少年時代』『夢の中へ』などのヒット曲を披露。そしてPUFFYに歌詞提供した『アジアの純真』。これでもか! という盛り上がりを見せる場内は1階席~3階席までがほぼ総立ちのクライマックスを迎える。手を振り体を揺らし、陽水と一体化した気分を存分に味わう……。あぁ、いいコンサートだった!! と噛み締めながら最終フレーズを聞き拍手を送った。
 客席にはさまざまな世代が集まっていた。ベテランゆえに各世代にそれぞれの“陽水像”を見せてきた証拠だろう。常に新しい“像”を見せながら進化し続ける陽水。彼のいい意味で気負いがないステージをぜひ番組で堪能していただきたい。
 『井上陽水 コンサート2008』は、WOWOWにて7月27日(日)午後6時半ら放送される。