有線お問い合わせチャートで1位を獲得、着うたでも40万ダウンロードを超えるヒットを更新中のラブバラード「もう一度…feat.BENI」が絶好調の童子-Tが、シングル発売日の6月11日に新宿駅東口・ステーションスクエアの野外ステージでフリーライブを行った。

 雨の予報も外れ、良い天気に恵まれたこの日、当日はシークレットで事前告知がなかったにも関わらず、ステージにポスターが貼られDJが音を出すや約2000人が集まり人気ぶりを見せた。

 先月、自身のシングルで童子-Tと共演した郷ひろみのテンション高い応援メッセージがアルタビジョンから放映され、イベントはスタート。童子-Tが自身の代表作「better days」と「ONE LOVE」を披露し歓声を浴びた後、司会の呼び込みでBENIこと安良城 紅が登場。注目のヒットシングル「もう一度」を生ライブで初披露。新宿に響く切ないラブソングに観客ばかりではなく、駅に向かう帰宅途中の人々も思わず足を止めて聴き入った。

 新宿在住のOLは「前から有線で聴いて気になっていた。今日は知らずに通りがかり観ることができたが、生で聴くことができて嬉しい。この歌詞のような恋愛にあこがれます」と目を潤ませた。イベントはわずか30分で終了したが、童子-Tも「多くの人に来てもらえて嬉しかった」と充実の表情を見せた。
 なお、発売日のオリコンデイリーチャートでは並みいる強豪シングルの中、初登場8位と大健闘。バラード曲のヒットが続く2008年だが、間違いなくネクストブレイクが期待できる曲として要チェックだ。