Superfly4.jpg Superflyが待望の1stアルバム『Superlfy』をリリースした5月14日、東京・代々木公園野外ステージでフリーライブを行った。


 雨にも関わらず、早朝から多くのファンが整理券を求めて列を作った。中には朝5時半待っていたファンもいるほど。用意した2000枚の整理券はあっという間に終了。柵の外にも詰めかけ、この日集まったファンは7000人を数える盛況ぶりだった。
 ライブは、2ndシングル「マニフェスト」からスタート。ロックなナンバーにかけつけたファンも最初から大盛り上がり。アルバムから「1969」を披露し終えると、「ステージに出る前から、泣きそうでした。こんなに集まってくれて…」そう言って、志帆が号泣。会場を埋め尽くしたファンへの感謝が、涙となってあふれ出した。
 「倒れるくらいのパワーで歌うので、受け取ってください!」と言うと、デビュー曲の「ハロー・ハロー」、「Hi-Five」、そして、リリースされたばかりのアルバムから「Ain`t No Crybaby」、「I Remember」を披露。ドラマ主題歌となっていた「愛をこめて花束を」では、イントロがはじまるとどこからともなく拍手が鳴り響いた。「報告があります!なんとデイリーチャート1位が確定しました!」志帆が語ると、会場からは盛大な拍手が沸き起こった。大盛り上がりの中、あっという間のフリーライブが終了。
 それでも鳴り止まない歓声に、再びステージに登場したSuperflyはアンコール曲として、「デビューのときは2人でデビューし、志帆のソロプロジェクトとして新たにスタートをするとき、不安におそわれ、もうステージに立つことが怖くなったとき、いままでのライブに来てくれたお客さんの顔がうかんで『がんばらないといけない!』という想いを託した楽曲「Last Love Song」を弾き語りで演奏した。
 志帆は「みなさんが背中を押してくれてできた曲で、ステージに立とうと心から思えた曲です」と語って演奏すると、会場からはすすり泣く声が聞こえた。志帆は、「今日の、この5月14日は、一生忘れられない日になりました! 本当にありがとう!」と深々と頭をさげ、ライブが幕を閉じた。
【LINK】
オフィシャルサイト http://www.superfly-web.com/
レーベルオフィシャルサイト http://wmg.jp/artist/superfly/
【リリース情報】
1stアルバム『Superfly』Superfly
2008年5月14日発売
初回限定盤:3150円(tax in)/WPCL-10477
※限定デジパック仕様(シングル5曲のPV収録DVD付き)