juleps180.jpg 大ヒット曲「旅立つ日」(アニメ「象の背中」主題歌)を歌うJULEPSが、世界的なピアノの貴公子・リチャードクレイダーマンと競演した。昨年発表のアルバムで日本の大ヒット曲「千の風になって」をカバーしたリチャードクレイダーマン。5月8日に発売した日本デビュー30周年記念アルバムでは、JULEPSのデビュー曲「旅立つ日」をカバーしている。


 リチャードクレイダーマンは、そのアルバムを引っさげ14カ所15公演の全国ツアーを敢行中。その初日である5月10日東京・Bunkamuraオーチャードホールに、なんとJULEPSがスペシャルゲストとして出演。クレーダーマンの「旅立つ日」のピアノインスト演奏の後、JULEPSの4人が登場しクレイダーマンのピアノでそのコーラスを披露した日本中が涙した「旅立つ日」がまた新たな形で聴衆を魅了しそうだ。
 また、JULEPSはその直後の5月14日に、セカンドシングル「皆既日蝕」を発売。この楽曲は、読売テレビ・日本テレビ系アニメ「ヤッターマン」エンディングテーマとして現在オンエア中だ。
julepsコンサート180.jpg【コンサートリポート】
「RICHARD CLAYDERMAN JAPAN TOUR 2008」
5月10日(土)午後1時から @Bunkamuraオーチャードホール(キャパ2100人 満員)
 オープニングナンバー「SHOW TIME 」からスタート。「星空のピアニスト」を含めたメドレーなど6曲を演奏した後、「私がとても感動した『象の背中』という日本のアニメーションがあります。そのテーマソングを演奏します。」と「旅立つ日」をピアノ、パーカッション、ストリングスで演奏した。その後、「ここでサプライズがあります。素敵な日本の友人を紹介しましょう。」とのクレイダーマンの呼び込みでJULEPSの4名が登場。光沢のあるグレーのタキシードできめた4人がクレイダーマンのピアノに合わせて大ヒット曲「旅立つ日」を歌った。ステージ上のスクリーンには「旅立つ日」が主題歌だったアニメ「象の背中」が上映され、客席を感動の渦に巻き込んだ。シンと静まり返った客席では、感動のあまりハンカチで目頭を押さえる姿もちらほら見受けられた。
 曲が終わるとJULEPSのメンバーを一人一人クレイダーマンが送り出した。ピアノのメグにはクレイダーマンが胸ポケットから赤いスカーフを取り出しプレゼント。
クレイダーマンは1980年の初来日以来、日本のステージ上で他のアーティストと共演したのはこれが初めて。
 この演奏でコンサート第1部が終了し15分の休憩を挟んだあと、第2部がスタート。「千の風になって」「涙そうそう」などの日本のヒット曲のピアノアレンジも聴かせた。1、2部合わせてトータル17曲を演奏し、クレイダーマンの14カ所15公演の全国ツアー第1回公演が終了した。
【LINK】
JULEPSオフィシャルサイト http://www.juleps.jp/
【リリース情報】
2ndシングル 『皆既日蝕』JULEPS
2008.5.14 ON SALE
1200円(with tax)/ UPCH-5541