清春モデル.jpg ソフトバンクの携帯電話機に清春モデルが登場する。ソフトバンクモバイルは14日、「fanfun. SoftBank 815T」(東芝製)の携帯電話機にコラボレーションモデルとして「清春 モデル」を追加、16日から発売することを発表した。


 清春は1994年2月にロックバンド「黒夢」でメジャーデビュー。1999年に事実上の解散し、7月に「SADS」として再デビュー。2003年10月にショートフィルム&DVD「オーロラ」でソロデビューを果たし、今月14日にはデビュー15周年を記念した第1弾シングルをリリース。ロック歌手としてのほか、ファッションリーダーとしても若者の人気を集めている。
 そんな清春が今回、ソフトバンクモバイルの携帯電話機をプロデュース、そしてデザインを手掛けた。折りたたみタイプの本体表面のコーディネートパネルや、ディスプレー面・操作キー面のインナーシート、メニュー画面のデザインや待ち受け画面のアイコンまでを“清春カラー”に染め上げた。
 清春モデルには、清春プロデュース・デザインのコーディネートパネルやインナーシートがそれぞれ5枚ずつ同梱されているほか、清春デザインによるシルバーのオリジナルアクセサリーが同梱される。
 ソフトバンクモバイルの「fanfun. SoftBank 815T」はこれまでに「倖田來未 モデル」や「ペ・ヨンジュン モデル」が発表されている。詳しくはソフトバンクモバイルhttp://mb.softbank.jp/mb/まで。
 ※写真=fanfun ファンファン. 815T 清春 モデル