5月3、4の2日間、東京・味の素スタジアムで行われたhideさんの追悼ライブ「hide memorial summit」の2日目に出演したオブリヴィオンダストのギター・K.A.Zが、最後の曲の演奏中に左足かかとを骨折していたことが判明した。骨折したあとも最後まで演奏しきったK.A.Zだが、イベント終了後緊急入院となり「左踵骨骨折」と診断され、手術することになった。


 この事態を受け、SOLD OUTとなっていた5月11日(日)の赤坂BLITZで行われるワンマンライブの中止が発表された。完全復活後のK.A.Zが再びステージに立っている姿を願うばかりだ。
 チケットの払戻などに関する詳細は、オフィシャルHP( http://www.obliviondust.net/ )、または、オフィシャルMySpace( http://www.myspace.com/obliviondust )に掲載されている。
 以下、K.A.Zのコメント。
 K.A.Z 皆に本当心配をかけてしまって、ごめんなさい。イベント終了後入院しました。左踵骨骨折で手術する事になりました。完治するまでは時間がかかるとの事だけど、個人差があると思うので一日でも早くステージに立てるように最善を尽すから心配しないでください。
 5月11日OBLIVION DUSTの赤坂BLITZでのライブを楽しみにしてくれてた人ごめんなさい。現状は激痛で立つ事が出来ません…ファンの皆、関係者の方々、STAFF、メンバーに大変迷惑と心配をかけてしまい申し訳ありません。
 ごめんね。
【関連リンク】
オフィシャルHP http://www.obliviondust.net/
オフィシャルMySpace http://www.myspace.com/obliviondust