鼠先輩-180.jpg 独特の歌唱スタイル、個性的なルックスで現在局地的に話題沸騰中のムード歌謡歌手「鼠先輩」(35)が6月18日に「六本木~GIROPPON~(ギロッポン)」でユニバーサルミュージックからデビューすることが決定した。


 「六本木~GIROPPON~」は先月4月9日から着うた配信を始めたところ、レコ直演歌・歌謡曲サイトの4月23日付ウィークリーチャートで10位を記録した。しかも配信開始2日間はデイリーチャート2位を記録するなど注目を集めている。
 「六本木~GIROPPON~」はキャッチーなメロディとタイトルがウケて現在、東京・六本木を中心とした繁華街の一気コールや、カラオケの宴会ソングとして唄われるなど局地的な盛り上がりをみせる。
 昨年のお笑いタレント、ムーディ勝山の大ヒットや、今年のジェロのブレイクでJ-POPを凌ぐ盛り上がりを見せる歌謡曲・演歌界において、次を担う遅咲きの新人アーティスト鼠先輩に要注目だ。
 気になるミュージックビデオはオフィシャルサイト(http://www.nezumisenpai.com/)で視聴している。
 ◆鼠先輩とは 鼠先輩(ねずみ先輩)1973年4月5日生まれ。13歳から歌手を目指す。感情を込めて歌う練習を繰り返し続けた挙げ句、自分には感情があまりないことに気付く。高校中退後、本格的に音楽活動を開始。アルバイトをしながら歌謡曲中心のボーカルスクールに通い、何故か「ザ・ブルーハーツ」のコピーバンドから活動を開始させる。のちに「スペルマギャング」と名づけられた、まったくもってナンセンスなバンドは、のちにBSヤングバトルに出場するも、「シャ乱Q」や「ピンク・サファイヤ」等と時期がかぶり、頭角を現さずして解散。幼くして芽生えた「歌謡歌手」の夢を懐き、別れた彼女を追うかのように、想い出と喜怒哀楽を故郷:岡山に捨て、20歳の時に上京。皿洗いや映像制作会社のADなど、数々のバイトをこなしながら、幾度となくライブイベントに出演。そこで独特の歌唱スタイル、いまどき流行ることのない個性的ルックス、死んだ魚のような目などに深く可能性を感じた音楽プロデューサーの目に留まる。そして2008年鼠年、満を持してユニバーサルよりメジャーデビューが決定。現在のニーズをしっかりと組み込んだ「ムード歌謡」と「夜」「繁華街」をテーマにした楽曲、それに踏まえ完全に「やらされてる感」剥き出しのキャラクターが話題を呼び、20代の若者や各繁華街を中心にブレイク。
【関連リンク】
オフィシャルサイト http://www.nezumisenpai.com/
レーベルオフィシャルサイト http://www.universal-music.co.jp/nezumisenpai/
【リリース情報:『六本木~GIROPPON~』鼠先輩】
品番:UPCH-5544/定価:1200円(税込)/2008年6月18日発売
<収録曲>
1, 六本木~GIROPPON~
2, みずかけ論
3, 六本木~GIROPPON~ (オリジナルカラオケバージョン)
4, みずかけ論 (オリジナルカラオケバージョン)