80年代日本のロックシーンで絶大な人気を誇ったBARBEE BOYS(バービーボーイズ)が、4月21日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP 名曲歌謡際」で一夜限りの復活を果たした。


 バービーボーイズは木村拓哉、稲垣吾郎とのコラボレーションで名曲「女ぎつね on the Run」を披露。ツインボーカルによる掛け合いと、サックスを抱えクールにキメるKONTA、妖艶に廻る杏子の姿は全盛期に増して輝きを放ち、スタジオを沸かせた。
 バービーボーイズは1992年に解散。2003年2月にエピックレコードジャパン25周年記念イベント「LIVE EPIC 25」限定で再結成を果たしているが全メンバーが揃う形でテレビ出演するのは解散以来初めて。演奏後、同局アナウンサーに「どうして集まって頂けたんですか」と質問されると、KONTAは「つい、うっかり」と笑わせた。
 杏子は4月4日付公式ブログで「バービーボーイズ全員揃って音を出せた事に、大感動!!! こりをキッカケに、バービーボーイズまたやりたいなぁ。男子をどう、口説こうかぁ…。」と綴っていたがこの場でも「(バービーボーイズとして演奏する)きっかけがなくて。(この場を提供してくれて)ありがとうございます。これを機会にまずはメンバーと電話番号の交換から」と完全復活に意欲を示した。