30年後の18歳・LUMIが宇宙から歌う――を設定に昨年エイベックスから誕生した、オーディオビジュアルユニット・元気ロケッツの新曲『Smile』がメナード『フェイシャルサロン』のCMタイアップ曲に決まり、4月16日から放送が開始された。


 2006年、Youtubeにてある無名アーティストの「Heavenly Star(ヘブンリー・スター)」というビデオクリップがアップロードされた。このビデオはまたたくまに話題を呼び、異例の約60万近い閲覧数を記録し、現在なお増え続けている。これが、元気ロケッツのスタートだった。
 その後噂は瞬く間に広がり、元気ロケッツはiTunes 2007年 Best New Artist(Electronic部門)を受賞、クラブでもDJがこぞって「Heavely Star」をプレイし、多くの人が知る存在となるまでにそう時間はかからなかった。
 そして2007年7月7日、幕張で行われた地球温暖化防止を訴えるコンサート『LIVEEARTH』において、元気ロケッツは日本初のホログラム(光と映像を最先端の技術で組み合わせることにより創り出される3D映像)LIVEを実施、「Heavenly Star」と「Breeze」(エイベックス・エンタテインメントより発売中のデビュー両A面シングル)を披露し、初めてその姿を「地球」にいる1万人の前に現した。
 あれから約9カ月を経て、遂に待望の新曲が同タイアップにて全国でのオンエアが決定。3月26日より各社一斉に配信開始し好調なダウンロード数を記録している春らしい爽やかミディアムチューン「Smile (スマイル)」に白羽の矢が立った。
 果たしてLUMIは誰なのか? 元気ロケッツとは? その謎を解き明かす鍵が、この夏に予定されているアルバムに向けて、徐々に明かされていく。
 聴くだけで元気になるような、キャッチーでポジティブな「元気サウンド」が、再び巷の話題を独占するのではないか。今年も元気ロケッツから目が離せない。
 「Smile」のダウンロードが絶好調につき、第2弾配信開始。「Star Line」着うた(R)・着うたフル(R)・PC配信が5月14日より各社一斉配信スタート!元気ロケッツ・ケータイFlash待受けを「ミュゥモ」、「レコ直」にて期間限定で無料配布!! ダウンロードはこちらから
ミュゥモ→http://avex.jp/genki/
レコ直→http://recochoku.jp/genki/