元Every Little Thing(エブリ・リトル・シング)のメンバーで、day after tomorrow(デイ・アフター・トゥモロー)など数々のヒット曲を手掛けてきたサウンドプロデューサー・五十嵐充が新バンドを引っ提げて再始動することが分かった。


 Every Little Thingに所属していた五十嵐は2000年3月にプロデュース業に専念するため脱退。その後dream(現在DRM)やday after tomorrowなどの楽曲提供、サウンドプロデュースを手掛けるなどして活躍した。
 そんな五十嵐が表舞台に舞い戻ってきた。今回結成したバンドは西村生津琉(Vo.)、若井望(G)、坂光久(G)からなる4人組バンドでバンド名は『RUSHMORE(ラッシュモア)』。この中で五十嵐はキーボードを担当する。
 本格的なデビューに先駆けて、レコ直、ミュゥモ、iTunes、mora、musico等で先行プレ配信をスタートさせた。
 「日々忘れてしまっている女性への感謝の気持ちをストレートに言葉にしてみました」 という先行楽曲「恋情(おもい)」は切ないメロディー、物語のようなボーカル、泣きのギター。何もかもが切なくて新しいと感じるバラードナンバーで、一聴の価値あり!
RUSHMOREオフィシャルサイトhttp://avex.jp/rushmore/