MTVのコンテンツがニコニコ動画で視聴が可能になった。ニコニコ動画を提供するニワンゴは9日、MTVネットワークスジャパンの公式動画コーナーを設け、MTVデジタルコンテンツの一部を配信することを発表した。


 MTVネットワークスジャパン社長、ピーター・ブラード氏は「日本における大手ビデオ共有サービスである二ワンゴの運営するニコニコ動画とのパートナーシップにより、我々のもつ最も人気のあるコンテンツのいくつかが顧客にとってさらにアクセスしやすくなり、それにより双方のリーダーとしての地位を更に確固たるものとなり、また、我々の成長戦略を引き続き顧客中心に展開していくことが可能となります。また我々は同時に、こだわりをもって融合したパッケージを通して、広告主であるクライアント様に、我々の持つ豊かで違いの分かる視聴者にアピールするクリエイティブな方法をご提供致します」と語っている。
 ニワンゴの親会社であるドワンゴ代表取締役社長、小林宏氏は「MTV様との共同展開のご案内が出来ますことを、大変喜ばしく思っております。MTV 様のコンテンツは大変魅力的であり、必ずや多くのニコニコ動画ユーザーの熱い支持を得ることでしょう。今回のコラボレーションが、双方にとってビジネスバリューの拡大と新しいチャンスをもたらすことを強く確信しています」と大きな期待感を表明しました。
 コンテンツはまず、米MTVの最高視聴率を更新した、おバカなビーバスとバットヘッドの超人気アニメ『ビーバス&バットヘッド』、応募してきた若者のボロ車を“カスタム軍団”が誰も予想がつかないあっと驚く姿に大改造する大人気番組『MTV Pimp My Ride~車改造大作戦!~』、大好評につき続編も開始された、ケータイから生まれた日本オリジナルの人気アニメ『ウサビッチ』など9タイトルを配信し、今後追加されていく見込み。