4人組ヒップホップグループのエイジア エンジニアが4月6日、千葉県浦安で400人のファンと市民を集めてゴミ拾い&ライブを行った。

 午前10時には浦安駅前にメンバーのZROとSHUHEI、新浦安にはYOPPYとKZが到着。子供から大人までそれぞれのルートに分かれ、ゴミ袋を抱え目的地・浦安高校を目指した。

 「みんなで町のゴミを拾うことがこんなに楽しいとは思いませんでした。こういうきっかけがあると参加した人はもう二度とゴミを捨てなくなると思います」と語るYOPPY。11時過ぎにはゴミでいっぱいになった袋が集められた。浦安高校の生徒が中心となって参加者は集めたゴミを分別。昼過ぎには地元の肉屋から差し入れの豚汁が参加者に振る舞われた。

 天気良好となった日曜日、ゴミ拾いを通じて、音楽ファン、高校生、地元の家族連れなど世代を超えての暖かい交流が生まれた。

 13時からはお待ちかねのエイジアエンジニアによるライブが体育館で行われ、新曲「HAPPY」やチーム・マイナス6%応援ソングとなっている「気楽に。」、代表曲「Orion」など6曲を熱唱。また「浦安16万人ゴミ拾い」の主催者で「U-PROJECT」の代表をつとめるKOSAKUさんのMCにより「エコ」や「ゴミ拾い」を語るパネルディスカッションも行なわれた。

 ライブの最後にはアンコールが起こり、参加者全員が大きな輪になって手を繋ぎ「HAPPY」を合唱。「エコ」と「音楽」で全員の気持ちがつながり一体感が溢れた。