2007年に繰り広げられた長渕剛のアスリートライブ「Come on Stand up!」が4時間52分のDVD3枚組として4月9日にリリースされることが分かった。日本列島を11トントラック16台、120人のスタッフは総重量30トンにも及ぶ機材とともに駆け巡った同ライブは全国14カ所19公演15万人を動員。各地で熱狂した。