木村カエラが1年2カ月ぶりにリリースするアルバム『+1』(4月2日発売)の収録曲「STARs」がポッカ「キレートレモン」のCMソングに決まった。CMにはカエラ本人も出演しており、日常のリアルな楽屋風景をバックに「キレートレモン」を飲み気分もリラックスさせるシーンなどにチャレンジしている。また28日にはモバイルコロムビア、レコ直など音楽配信主要サイトでこの曲の着うたを1日限定で無料配信する。


 ◆CMコンセプト 「キレートレモン」の持つレモン果汁の「すっぱさ」が実際に「しみこむ」様子をカエラ自身の表情や言葉で表現することにこだわって制作された。「140しみこむ」篇では、カエラが手にしたレモンが次第にキレートレモンに変わっていくのにあわせて、カエラの表情もレモンを飲んだ後のようなすっぱい顔に変化して行く。一方「350廊下」篇は、カエラの日常のリアルな楽屋風景をバックに「キレートレモン」を飲むと気分もリラックスして、表情ばかりかなんと衣装までもが変化してしまう! というユニークな演出で「すっぱさしみこむ感」を表現している。
 ◆CM撮影エピソード カエラにとって飲料のCMは始めての出演だが、デレクターの箭内道彦氏(ヤナイミチヒコ氏)とはイベントや雑誌などで何度も仕事をしている仲。終始リラックスした雰囲気で撮影が進行した。2篇とも、飲みカットがあるため撮影後半は飲みすぎて「おなかがウォーターベッドのようにフワフワになっていた」と言ったとか。時に新曲を口ずさむなど撮影スタッフをなごませてたという。