80'sポップの女王シンディ・ローパーが12年ぶりにニューアルバム『究極ガール(仮)』を発売することが25日、決定した。フルオリジナルアルバム発売は2004年4月21日発売の『シャイン』、メジャー・レコーディングとしては1996年10月16日発売『シスターズ・オブ・アヴァロン』以来、実に12年ぶり。


 シンディ・ローパーは1983年に30歳という遅咲きのソロデビューをしたにも関わらず、ファーストアルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』が世界1600万枚を売り上げる大ヒットを飛ばした。音楽のみならず、80年代のファッションリーダーとなったシンディはその後38歳で結婚、44歳にして出産。信念に従って生きるその姿が多くの共感を呼んだ。
 今年55歳となるシンディが送る新曲「セット・ユア・ハート」がTOYOTA MarkX ZiOの大型タイアップでCM放送中。なんと新曲でのタイアップは「トゥルー・カラーズ」(86年)以来と22年ぶり。
 この曲は1月30日から着うたとして好評配信中。5月14日にはこの曲をリードシングルとするアルバム『究極ガール(仮)』(オリジナルタイトルはBring Ya To The Brink)が日本先行で発売されることが決定。発売時期にはプロモーションをかねて来日する予定だ。