米アップルは2月26日(日本時間27日)、市場調査会社NPDグループのMusicWatch調査のデータにより、iTunesがウォルマートに次ぐ全米第2位の音楽小売業者となったことを発表した。またiTunes Storeのユーザー数が5000万人を超えたことも明らかにした。


 iTunes Storeは全世界を対象に600万以上の曲を配信しており、これまでに40億曲以上を販売してきた。2007年のクリスマスの日には、2000万曲という驚異的な数の楽曲販売も記録している。
 今回の発表で同社iTunes担当バイスプレジデント、エディー・キュー氏は「iTunes Storeがこのような素晴らしい数字を達成するもととなった、5000万人以上の音楽を愛する皆さまに感謝します。これからもiTunes Movie Rentalsのような素晴らしい新機能を次々と追加し、お客様により愛されるiTunesにしていきたいと思います。」と喜びのコメントを寄せている。
 アップルは20世紀フォックス、ウォルト ディズニー スタジオ、ワーナー・ブラザーズ、パラマウント、ユニバーサル・スタジオ ホームエンターテイメント、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、MGM、ライオンズゲート、ニューラインシネマを含む各映画会社を対象とするiTunes Movie Rentalsもスタートさせている。