第一興商は25日、通信カラオケ「プレミアDAM」のブロードバンド対応コンテンツとして、貴重なライブ映像を見ることができ、さらに本人の歌声に合わせて歌える『まま音』コンテンツをスタートすると発表した。


 洋楽やJ-POP、ROCKアーティストの中には、ライブ演奏に定評があったり、ライブならではの魅力を持ったアーティストが数多く存在する。そんなアーティストのイベントやコンサートでは、客席はステージと一体となり、アーティストと一緒に歌って盛り上がりを見せている。そんな感動をカラオケルームに持ち込めるのが『まま音』コンテンツだ。
 この、『まま音』コンテンツは、映像とともに収録された本人の歌声や演奏を“そのまま”聴くことができ、オリジナルの貴重な映像を存分に楽しめるように控えめなサイズで歌詞が表示され、イベント会場やコンサートの客席でアーティストのステージに合わせて一緒に歌う感覚で楽しめる。また、曲を完全にマスターしていなくても(アーティストの歌唱に合わせて)最後まで歌うことができ、通常のカラオケコンテンツでも歌えるようになる。
 第一興商は『まま音』の第1弾として、「MTV」の協力でヨーロッパ最大級の音楽の祭典『MTV Europe Music Awards 2007(MTV EMA 2007)』、日本史上最大のメタル・フェスティバル『LOUD PARK 07』から、熱狂のラインアップを提供する。