2008年4月4日のプレビューを皮切りに、ブロードウェイ史上初、大阪にてブロードウェイ・ミュージカル「TRIP OF LOVE」のワールド・プレミアが開催される。


 その「TRIP OF LOVE」のプロデューサーである出口最一が2月27日に来日する。出口最一は、米ニューヨークで現在も16年目のロングラン上演を継続している、「ブルーマン・グループ チューブズ」を手掛けたプロデューサーであり、今回は2009年に本場ブロードウェイでの開催を控えた、総制作予算2000万ドルの夢の一大プロジェクト「TRIP OF LOVE」の日本本公演に向けて来日することになった。
 ◆出口最一( Makoto Deguchi ) 総合プロデューサー。1959年奈良県生まれ、京都外国語大学卒業後、劇団「四季」に入団。「四季」を退団後、映画監督の龍村仁(「ガイアシンフォニー」)の監督助手を務め、87年に渡米し、N.Y.の老舗劇団の研究生を経て、唯一日本人として演出助手を2年半務める。その後、小劇場でやっていた「ブルーマングループ」に出会い、初プロデュース。91年11月に『ブルーマン・グループ チューブズ』として開幕し、大ヒットを記録。現在、夢の一大プロジェクト『TRIP OF LOVE』を手掛る。
◆ダンスミュージカルレビュー『TRIP OF LOVE』見所
・一流のダンサー、豪華な衣装、60’sのヒットソングの数々
・女優鳥居かほりなど、日本人7人が出演
・衣装250着以上
◆『TRIP OF LOVE 』あらすじ
会場に遅れてやって来た、一人の少女が1960年代の世界に連れ去られます。少女がそこで体験したのは、タイムトリップしたかのように、繰り広げられる万華鏡のような世界。1960年代当時の曲目を通して、革命と戦争を潜り抜け、少女が激動の10年を体験し、成長して帰ってくる物語です。
<ワールド・プレミア公演 『TRIP OF LOVE』公演概要>
Broadway Musical Revue トライアウト公演 『 TRIP OF LOVE 』
◆開催期間
▽プレビュー 4月4日(金)~4月13日(日)※休演日有り
※プレビュー公演とは、ブロードウェイで通例2~3週間行われる、 初日前の最終仕上げの為の公演で あり、物語の進行途中であっても中断・手直しなどを行う場合があります。お客様には、本公演よりも安価なチケット料で、公演をいち早くご覧になれる他、作品が仕上げられる直前の緊張感を味わっていただけます。以上のことをご了承いただいた上で、チケットの購入をお願いします。
▽本公演 4月14日(月)~5月14日(水) ※休演日有り
◆開催場所 イオン化粧品 シアターBRAVA! (会場定員1100人) 
◆一般発売 2008年1月26日(土)
◆料金(税込)
▽プレビュー S席 1万円、A席 6000円
▽本公演】 S席 1万2000円、A席 7500円
問い合わせ 『TRIP OF LOVE』プロモーション実行委員会[ナビダイヤル] 0570-02-9575 (10:00~19:00)