さくらボーイズ4thマキシシングル.jpg ミクシィで出会った男たちによる失恋歌バンド、さくらボーイズの4枚目となるマキシシングル「さくら吹雪」が3月5日にhybrid recordsからリリースされるが19日、明らかになった。ミクシィを通じて知り合ったモテない男たちが、互いの悔しさをぶつけ合うために結成したと言う同バンドは失恋ソングしか歌わない失恋歌バンド。


 これまでにリリースされた各楽曲は“フラれ続ける恋愛”として、ひとつストーリー仕立てになっており「SAKURA」「SAYONARA」「東京クリスマス」に続いて最終章を迎える今作「さくら吹雪」に早くも話題が高まっている。
<さくらボーイズ 4thシングル「さくら吹雪」>
▽品番/価格 HBRC-010/1050円
▽収録曲
01.さくら吹雪 作詞 Cherry Amy 作編曲 d:tAnk
02.初恋 作詞 村下孝蔵  作曲 村下孝蔵 編曲 d:tAnk
03.さくら吹雪(DADDY DRAGON MIX) 作詞 Cherry Amy 作曲 d:tAnk
04.さくら吹雪(Instrumental) 作詞 Cherry Amy 作編曲 d:tAnk
05.初恋(Instrumental)  作詞 村下孝蔵  作曲 村下孝蔵 編曲 d:tAnk
PRODUCED BY d:tAnk
<失恋4部作シングル最終章:解説>
 この「さくら吹雪」は、失恋歌シリーズ4作品中の最終章にあたり、物語はついにクライマックスを迎えます。テーマはやはり「別れ」。一度よりを戻したかにみえた二人が、どうして別れを選ばなければならないのか。彼女への断ち切れない思いをいまだ抱きながらかすかな希望に託した切ない男心を歌いあげた、極上のラブソングです。
<ストーリー概要>
 さくらボーイズは4曲が1つのラブストーリーをもとに連なる失恋歌をリリースしています。第一弾シングルの「SAKURA」から一組のカップルに焦点を絞り、彼氏の目線から切ない男心を色鮮やかに歌い上げております。
◆第1弾 シングル「SAKURA」 2007年3月15日配信
 大学進学と共に地元を離れ上京していく彼女と、彼女に残された彼の彼女への断ち切ることの出来ない思いを歌いあげております。
◆第2弾 シングル「SAYONARA」 2007年8月15日配信
 彼をおいて上京して行った彼女への思いを断ち切れないままに、彼女にさよならを言う事を決めた彼。
 離れ離れになったまま彼女を忘れることを決めた彼の絶えることのない彼女への愛情と切ない思いが表現されています。
◆第3弾 シングル「東京クリスマス」 2007年11月16日配信
 彼女が上京したことをきっかけに別れを決意した二人ですが、東京生活に疲れた彼女から彼に久々の連絡があります。その内容は「クリスマスにけやき坂で会えればいいね」と言うもの。期待に胸膨らませ、彼は深夜バスに乗り一路東京に向かい、カップルで溢れかえる東京のけやき坂で1人彼女を待ちます。本当に彼女が来るのかもわからないままに、二人の恋愛と彼の振られ続ける恋路は新展開を見せます。
◆第4弾 シングル「さくら吹雪」2008年3月5日発売・配信
 東京クリスマスの再開をきっかけにふただび付き合いだした二人。いつしか彼の部屋で同棲をはじめることに。二人は将来を意識するほど幸せだったが、彼女は一流商社に就職が決まり、地方のカレンダー会社の東京支社に勤める彼との価値観のすれ違いがふたたび彼らを苦しませることになった。
 口には出さずとも卑屈になってゆく彼。一緒にいても「さみしさ」を感じてしまう彼女。しだいに彼らの心の溝は深くなって、ついに彼女はその部屋をでていった…。
公式HP http://sakuraboys.jp/