<写真>新曲への思いを語ったtwenty4-7(2008年1月撮影)

新曲への思いを語ったtwenty4-7。新曲「いつも応援してくれているファンの方たちへのお手紙でもある「Endless Road」はそんな曲です」

 昨年11月14日にセカンドシングル「Endless Raod」をリリースした実力派セクシーユニット、twenty4-7のMIKA、MEが今作への思いを語った。

――今作への思い入れは
 MIKA 今作はタイトル曲が冬にふさわしいバラードだったので、カップリングにはtwenty4-7らしさや格好良さがでる楽曲と、ポップでアップだけど、それだけではなくメッセージ性もあって、ライブでもみんなが一緒に掛け声を入れられる、twenty4-7とお客さんとのコラボレーションが実現するような楽曲、そんなバランスにしたいという気持ちで曲を選び制作しました。

――タイトル曲、Endless Roadについて
 MIKA いつも基本的に、みんなに向けて…みんなの力になれれば…というような曲を書く事が多いのですが、今回は私たちの強い思いをそのまま書き下ろしました。私たちにとって「守るべきもの=twenty4-7」です。私たちtwenty4-7の訴えでもり、いつも応援してくれているファンの方たちへのお手紙でもある「Endless Road」はそんな曲です。

 ME 自分たちの守るべきもの…それは一番自分たちが大切にしていたもの、そしてみんなが大切にしていたもの。歌うと自然に涙が溢れてくる…そのくらい自分たちの強い想いがこの「Endless Road」には込められています。だから、聞いてくれている、みんなの心のど真ん中にこの想いが届くといいなと思っています。

――ZI・KI・ZI・KI・Aについて
 MIKA 普段は女の子に向けて書いている曲が多いので、この曲リリックは男の子に向けて女の子とはこういうものよ! というような事を少しでも参考になればいいなと思い書きました。楽曲の雰囲気はクラブで活動していた頃のtwenty4-7らしさが出るように仕上げました。

 ME 女の子はこうしてあげたらいいんだよと、男の子に伝える曲です。もちろん、私もこうしてもらいたいと思っていることです! こうしたらもっと女の子は虜になっちゃうかも!? twenty4-7らしさが詰め込まれた1曲です。

――One of these daysについて
 MIKA いつもラジオにメールを下さっていたリスナーさんから「彼女にプロポーズをするために…」という相談のメールを頂きました。私たちはラジオを通じてずっと考えていたのですが結局彼はふられてしまいました。その後も他のリスナーから“失恋”の悲しいメッセージを寄せられたので少しでも彼らたちの力になれればと思って作りました。(曲選びは)メローな曲でつらい気持ちを代弁するか迷ったのですが、やっぱりポジティブな気持ちになってほしい!! というのが私たちの気持ちなので、ポジティブなトラックに思いをのせました。

 ME 大切な人を失った時…MEはもう何もかも終わりと思ってしまうことが多いんですが、そうじゃなくて、ちゃんとこの別れにも意味があって、いろんなことを学んで、最後には出会えてよかった…前向きに失恋の思いを綴った1曲になっています。