今や日本のパンクロック、メロコア・シーンの重鎮として君臨するNicotineのアルバム「Pandora」が2006年02月08日にリリースされる。
 全17曲でみせる様々な表情は、12年間の活動を経て蓄積されたパンク円熟期を迎えたともいえる名曲揃い。全てのパンクファンのみならず、全ロックファンに捧げるキラーアルバムになっている。